簿記3級は独学でも十分資格取得が可能である

簿記3級は、経理の入門的な資格になるので、初めて簿記を勉強するという人や、数字や計算が苦手という人でも、チャレンジしやすいでしょう。

 

また簿記3級は通学や通信教育をしなくても、独学で十分に合格が狙える資格になるので、お金を掛けずに行えます。

 

商業簿記がメインになっているので、勉強方法としては、仕訳の原則を覚えて、帳簿の意味合いや取引での諸要素をインプットすればOKです。

 

また勘定科目の記憶をしっかりできれば、合格は難しくありません。

 

また簿記3級を独学で取得する場合には、自分に合ったテキストや問題集を選ぶことが大切です。

 

問題集やテキストはたくさんの種類がありますので、周囲の評判を聞いたり、実際に見てみて理解できるものかをチェックしてから購入したりするのがよいでしょう。

 

テキストや問題集は、一般的な言葉を使って解説したものが分かりやすいでしょう。

 

また図表やイラストなどがあるものや、ストーリー仕立てに構成されたものは、読みやすいですし、楽しみながら勉強できるでしょう。

 

 

また古いテキストの場合、今の資格検定の範囲に加えられた新しい項目などが掲載されていないものもありますので、ぜひ最新版のテキストを購入するようにしましょう。

 

また簿記3級を取得するためには、仕訳になれることが重要であると言われています。

 

問題集を何度も繰り返し説いて、仕訳の仕方やパターンを身に着けていくとよいでしょう。

 

まずはテキストで感情科目の性質をしっかりと理解することが大切です。

 

簡単な仕訳が理解できるようになったところで、問題集で何度も問題を解いて、トレーニングしていく方法が効率がよいでしょう。

 

また受験前には、しっかりと過去問題集を解いておくことも忘れないようにしましょう。

簿記3級の資格を取る講座