簿記3級は受験資格がなく誰でも受けられる

簿記3級は帳簿を付ける技能を認定する資格であり、仕事や生活など様々な場面で役立たせることができるでしょう。

 

お金の流れや経営状況などが分かるようになると、経理の仕事に対しての関心も高まるでしょう。

 

簿記3級の資格を取る前であれば、経理事務など絶対にできないとためらっていた人でも、簿記3級の資格を生かせるような仕事に就きたいと考えるようになるかもしれません。

 

また簿記3級の資格は、家計の見直しや管理などの際にも役立つので節約を行うたいと思う主婦にとってはぴったりの資格と言えるでしょう。

 

さらに企業の資料などをチェックする時に必要な知識も習得することができるので、投資信託や株式投資などの資産運用を行う際にも使えるでしょう。
さらに自営で仕事をしている場合には、帳簿をきちんと管理できれば毎年行わなければならない確定申告もスムーズに行えるようになり、経営を良くすることができるかもしれません。

 

 

簿記3級には受験資格が特に設けられていないので、誰でも受験することができます。

 

実務経験が何年以上必要という受験資格が設けられているところも多いのですが、簿記3級であれば今まで経理の知識が全くなかった人でも挑戦することができるのです。

 

また1年に3回も試験が行われているので、自分のペースで勉強し、受験を受けることができるでしょう。

 

受験料も2500円と安いので、受験しやすいでしょう。

 

合格までのスケジュールは人それぞれですが、まずは通学か通信講座か独学で勉強するのかを決めていきましょう。

 

そして受験する日を定めて、そこに合わせて勉強を始めていけばよいのです。

 

通常2〜3ヶ月程度勉強すると、しっかりと知識が身につくと言われており、無理なく勉強を進めていくことができるでしょう。

簿記3級の資格を取る講座