簿記3級の合格率は30%台と低めである

簿記3級は、経理や事務などの財務担当者として働くことができます。

 

会計の基本的な知識を身に着けることができるので、普段の生活の中でも役立つ場面が多いでしょう。

 

また経理関連の書類なども読み取ることができます。

 

また中小企業などの経営の状況なども数字を見て理解できるようになるので、経理事務の仕事以外にも営業部門や管理部門においても、必要な知識であると言われています。

 

日商簿記検定には簿記3級以外にも、2級、1級とあり、級があがるほどレベルが高くなります。

 

また企業の採用時にも、日商簿記検定の資格があると、評価してくれるところが多くなってきているので、就職活動時には持っていると有利になるでしょう。

 

試験時間は2時間程度で、70%以上の正答率で合格になります。

 

試験料は2570円とお手頃な価格なのも、資格を受ける上でありがたいですね。

 

気になる簿記3級の合格率ですが、38.6%と言われています。

 

毎年、2月、6月、11月の年3回受験することができ、その都度合格率にばらつきはありますが、最高合格率で58.3%、最低合格率で13.7%になるので、受けたら誰でも受かる簡単なものではなく、しっかりと理解していなければ合格することはできない資格になっています。

 

 

また試験月別にみた合格率は11月試験が最も多く、6月試験の合格率は低い結果となっています。

 

受験者数は毎回10万人程度であり、全国各地で実施されるので、受験する人も多いでしょう。

 

合格率は高くはないですが、だからこそ合格できると、よりその資格の重要性を認識できるでしょう。

 

勉強方法は、通学講座、通信講座、独学などがあります。

 

まずは手始めに独学から始めてみて、挫折して通信や、通学講座に切り替える人が多いように見受けられます。

簿記3級の資格を取る講座