簿記3級は通信教育で勉強すれば確実に合格できる

簡単に合格できると思われがちな簿記3級ですが、合格率は38%前後と言われています。

 

独学でも資格は十分に取れると言われていますが、独学では勉強がはかどらない、何度受験をしても落ちてしまうといった人には、きちんとスケジュールを組み立てて勉強をすることができる通信教育の方がよいでしょう。

 

簿記3級は自営業など独立している場合はもちろん、企業などの組織の中で働く場合でも、予算の管理や経理の計算などはできて当たり前のスキルになっています。

 

数字を読む力があれば、経理部門だけではなく、営業などでも活用することができ、働ける場所は広がるでしょう。

 

簿記3級は初めて簿記を勉強する人にも、無理なく取得できる資格であり、通信教育であれば、動画講義などを行っている場合もあるので、より知識が身につくでしょう。

 

 

またわからないところがあれば、その都度確認することができるので、わからないままにしないできちんと理解した上で、次の勉強に進むことができるでしょう。

 

テキストはカラフルでイラストがたくさん掲載されたものや図解してあるものが多く、丁寧に解説してあるので読みやすいでしょう。

 

また重要なポイントは何なのかが明確に書かれているので、学習意欲が増すでしょう。

 

通常通信教育での学習期間は3ヶ月が標準とされていますが、仕事などが忙しく学習がはかどらない場合には、受講開始から時間が過ぎても1年間はしっかりとサポートしてくれるところが多いので、安心して自分のペースで勉強することができるでしょう。

 

独学だと途中で挫折してしまうことが多いでしょうが、通信教育の場合はお金も支払っていますし、しなければもったいないと感じることもあるでしょう。また添削も行ってもらえるので、自分の苦手な部分を克服することもできるでしょう。

簿記3級の資格を取る講座